■ new entry
■ category
■ archives
■ profile
■ comment
■ link
古民家を利用した筑波(つくば)のエスニック料理店「あんばい」の店主のブログ。
いつもご覧いただきありがとうございます。
このブログではおいしい食べ物のお話を基本に、店からのお知らせや簡単レシピ、店のまかないや裏メニュー、地元の話題などをご紹介しています。

店主業の傍ら、食育インストラクターや料理教室講師、小中学校にて食の講師など食に関する仕事をさせていただいています。新聞や雑誌、テレビやラジオ、企業の新商品の開発の協力やレシピ提供、イベントの企画運営なども行っています。
HPものぞいてみてください。http://www.anbai.info/
尚、仕事の依頼や問い合わせは、HP内の問い合わせフォームよりご一報ください。



■ 二度おいしい



じゃじゃ〜ん。

何でしょうかコレ?

実はフォーにトッピングするカリカリのにんにくです。

数キロ刻んで揚げました。

わたしにしみついた香りで数日は近くに誰も寄ってこないでしょう(笑)

実はこれは、ニンニクオイルを作るときの副産物なのです。

メインは揚げたオイルのほう。

このオイルを使ったものとそうでないものの差といったら、

雲泥の差というか、月とすっぽんというか、

とにかく大違いということです。

もちろん3,4,5日のチャリティーマーケットで販売するフォーには

揚げニンニクもオイルもトッピング。

二度おいしいってわけです。

お楽しみに〜!!






2011.05.01 Sunday | comments(0)



■ 大豆にハマル。

1月に味噌と納豆を仕込んでから、
今年は大豆にハマッています(笑)

昨年同様、北海道のトヨマサリで仕込ましたので
きっとおいしくなるはず。

昨年仕込んだ味噌は・・・と言うと。
おいしくって、いろんな料理に使ってしまい、残りがあとわずか。
今年1年分として仕込んだのに意味ないじゃん!

これではいけないと思い、
富山(黒部)からおいしい仕込味噌を取り寄せしました。



こちらは、つややかで(艶)、美しい(麗)大豆ということで
漫画の美味しんぼでも紹介されたエン(艶)レイ(麗)大豆で仕込んだお味噌です。
(エンレイ大豆は煮ても、味噌にしても、豆腐でもおいしい優秀な大豆です。)
こちらのお味噌、店頭販売はしておらず、受注生産のみなのだそう。
到着後ビニール袋から保存容器に移し替え、夏の終わりまで熟成させます。
思ったよりやわらかく、色も赤いです。
どんな配合になってるのかな?知りたい・・・
移し替えるときに味見してみたら、あら?もう既においしい!
寝かせなくても十分だわ〜
あっ、いけないいけない。
がまんして容器のふたを閉めました。


東北からも地大豆を取り寄せしました。


味噌用の大豆です。
ありがたいことに東北地方で作る味噌のレシピが同封されていました。



配合をみてみると大豆が多めです。(麹がすくなめ)
辛めの味噌のようです。
種水を多く仕込むようですのでやっぱりやわらかめなのかな?
機会があれば、作ってみようと思います。

お味噌もいろいろあって楽しいですね。



この大豆はお味噌というか、
ちょっとおもしろいものに加工しようと思っています。
また報告しますね。





2011.02.22 Tuesday | comments(0)



■ いもくず餅

沖縄の食材で「いもくず」というものがあります。

澱粉なのですが、馬鈴薯澱粉ではなく、サツマイモ甘藷澱粉です。

沖縄の郷土料理、ジーマミー豆腐(ピーナッツ豆腐)などに使われる
食材です。

そのいもくずで作るくず餅がとってもおいしいのです。

水とたっぷりの黒糖とともに火にかけて20分ほど
練りあげますとこんな感じに、透明で粘りがでてきます。



きなこを敷いたバットに流し込み、冷やします。





固まったら取り出してさらにきなこをまぶしていただきます。
(完成品の写真を撮る前におなかの中)

完成品の写真はまた次回。スミマセン。

わらび餅にも似ていますが、こちらのほうがもっちり。
しっかりした食感があります。

「いもくず」見かけたらぜひ購入してみてください。
ドーナツなどにも使えます、便利でおいしいですよ。






2010.04.26 Monday | comments(0)



■ こだわりの結晶



1400年前の製法そのままに仕込んだ無添加のお醤油をいただきました。
丹波の黒豆を原料とし杉樽で時間をかけて完成させた品です。

うわさには聞いていた醤油ですが、
実際に口にすると、まろやかで香りとうまみもすばらしかったです。

せっかくなので、煮物に使ってみました。
砂糖は使わず、みりん少々とこの醤油のみ。

厳選された調味料を使うと素材の味が引き立ちますね。

ごちそうさまでした。







2009.02.19 Thursday | comments(0)



■ きびの精白

きびの精白をしてきました。


お米の精白よりもたいへんでした・・・


間もなくきび団子に!








2008.11.27 Thursday | comments(0)



■ 最近は

色々なお酢がありますね。
スーパーでもたくさん並んでいます。

写真は酒屋さんが作っているとまとのお酢。

シャーベットにでも利用してみようかなと考え中。

後ほどいただきます♪







2008.11.24 Monday | comments(0)



■ 山くらげ

山くらげってご存知ですか?
調理済みの瓶詰めや、お惣菜などで食べたことがある人は
いるかも知れませんね。
(ほとんどの商品が緑色?鶯色?です)

アミノ酸やビタミンが豊富な中国野菜(レタスの一種)です。
日本では乾物が手に入ります。

くらげという名前のとおり、
コリコリとした食感が楽しめます。

乾物を調理すれば色々な味付けが楽しめます。
酢の物、煮物、炒め物・・・ 

一度調理してみることをおすすめします。

写真は山くらげと一緒に卵を煮付けてみました。
ごはんがすすみますよー。









2008.09.16 Tuesday | comments(0)



■ 緑豆


Q なんでしょう?

A 緑豆と書いて「りょくとう」と呼びます。



写真は水に一晩つけたもの。


もやしの原料です。

はるさめにもなります。

おこわにしてもおいしい。

餡すると最高です。

ぜんざいや中華まんにも。

緑豆カレーやスープもイケマス。

万能豆です。

機会があったら使ってみてくださいね♪


 ブログランキングに参加しています。




2008.06.13 Friday | comments(0)



■ 幻の蜜芋!

さつま芋ファンならご存知でしょう、種子島の安納芋。
普通のさつまいもの甘さが2倍、糖度が40度くらいあります。

焼くとでんぷんが蜜にかわり、ふき出してしまうので
アルミホイルに包んで焼きます。

包んでもふき出した↓



ねっとりとした食感が特徴です。
機会があれば食べてみてください。




 ブログランキングに参加しています。




2008.04.29 Tuesday | comments(0)



■ 豆 まめ マメ



手前から、
乾燥グリーンピース
ブラウンレンテル(レンズ豆)
緑豆 です。

カレーにしたり、コロッケにしたり、サラダ・・・
いろいろ使えます。

5月のつくばフェスタの際には
緑豆の餡がトッピングされたベトナムコーヒーゼリーも販売予定。
楽しみにしていてください。


 ブログランキングに参加しています。




2008.04.23 Wednesday | comments(0)



1/2 >>




Log in | design by murmur
qrcode