■ new entry
■ category
■ archives
■ profile
■ comment
■ link
古民家を利用した筑波(つくば)のエスニック料理店「あんばい」の店主のブログ。
いつもご覧いただきありがとうございます。
このブログではおいしい食べ物のお話を基本に、店からのお知らせや簡単レシピ、店のまかないや裏メニュー、地元の話題などをご紹介しています。

店主業の傍ら、食育インストラクターや料理教室講師、小中学校にて食の講師など食に関する仕事をさせていただいています。新聞や雑誌、テレビやラジオ、企業の新商品の開発の協力やレシピ提供、イベントの企画運営なども行っています。
HPものぞいてみてください。http://www.anbai.info/
尚、仕事の依頼や問い合わせは、HP内の問い合わせフォームよりご一報ください。



■ 白菜の肉野菜炒め

 

白菜で肉野菜炒めをしました。

キャベツの野菜炒めもおいしいですが、

甘くておいしい白菜を使えるのはこの時期だけ。

ぜひお試しくださ〜い。





2011.01.07 Friday | comments(0)



■ 変わり串揚げ?

変わり串揚げを作りました。
洋風?イタリアン?

串に刺した材料は、
れんこん、プチトマト、ソーセージ
3者3様の食感です。



衣は小麦粉と片栗粉を4:1くらいの割合で混ぜました。
水を入れて固めにとき、さらにイタリアンパセリのみじん切りと塩、
あらびきのブラックペッパーをたっぷり加えました。
卵は加えません。



衣をつけたら、その上にパン粉をまとわせ180度くらいの油で揚げます。
衣に色がついたらもうOKです。
1、2分です。



しっかり味がついているのでそのままいただきます。
冷めてもおいしいですが、ぜひ熱々を召しあがっていただきたいです。

ビールと一緒にどうぞ〜





2011.01.06 Thursday | comments(0)



■ またまた酒の肴ですみません。

栗のから揚げがおいしいと聞いたので作ってみました。



鬼皮をむいたあと(鬼皮はむかないと危険!)

渋皮をつけたままで5,6分素揚げしました。

渋皮をむいていただきます。

揚げた栗はホクホクで甘くておいしい〜。

そのままでも十分おいしいですが、

軽く塩をすれば、酒の肴に(笑)





2011.01.04 Tuesday | comments(0)



■ 氷頭なます

お正月のおせちに「なます」がありますが、
我が家では「氷頭(ひず)なます」もいただきます。
東北や新潟ではおせち料理や祝膳でいただくそうです。

昔、そう・・・20年くらい前に岩手に遊びにいったときに居酒屋で食べたのが最初。
鮭の頭(鼻先)の軟骨部分を酢で洗った後、甘酢につけておいてから食べます。
コリコリとした食感がたまりません。
とってもおいしかったのでそれから虜です(笑)
酒の肴にはサイコーですね。

だいこんと和えることが多いようですが、
我が家では更にきゅうりも加えていただきます。
1匹の鮭から数切れしかとれないので貴重なんです。

鮭の頭が手に入ったら作ってみてください。
もちろん、氷頭として調理済みのものが販売されていますので探してみてはいかがでしょうか。










2011.01.03 Monday | comments(0)



■ おうちでパーティー



この季節はお持ち帰り料理が多いです(笑)

クリスマスや忘年会をご自宅で楽しむ方が多いですね。

ケーキと飲み物はあるから、何か作って〜なんてお電話やメールをいただきます(笑)


この日のご注文はナシゴレン、生春巻、カレー+何かおまかせで というご注文。

カレーは豆カレーと白菜カレーの2種。

エスニックな野菜の炒めものとお肉料理をプラス。

おいしかったよーと後日うれしいメールをいただきました。

ありがとうございました。 またご利用くださ〜い。





2010.12.23 Thursday | comments(0)



■ 新生姜の甘酢漬け(ガリ)

新生姜が手に入ったので甘酢漬け(ガリ)を作りました。

手作りしたガリは最高!

新生姜をよく洗って薄く皮をむき(むかなくても)スライスします。

酢、砂糖、塩で甘酢を作ります。(甘酢は火にかけなくてOKです)

お鍋にお湯を沸かし、スライスした生姜を1分ほど茹でます。

ざるにあげて水気をよくきり、

温かいまま甘酢に入れます。

みるみるうちにピンク色になってかわいい。

半日くらいおけばもう食べられます。

刻んでごはんに混ぜたり、ビールのおつまみにもいいですよ。

漬け汁も利用できます。

お酢がおいしい季節になってきましたね。













2010.06.29 Tuesday | comments(0)



■ ルバーブのジャム作り



ルバーブでジャムを作りました。

グラニュー糖は使用せず、甜菜糖とレモンで仕上げました。

甘酸っぱい この時期ならではの味覚。





生の茎を刻んで砂糖をかけてパイの具にするのもおいしいらしいです。









2010.06.28 Monday | comments(0)



■ 今年もそろそろ・・・

冬の間お休みしていたぬかずけを再開しました。
自家用です。

試し漬けをしている最中ですが
まだまだ床が安定しません。

味に奥深さがないです。

早くおいしくならないかな〜

暑い日にビールときゅうりのぬか漬け
最高なんだけどな〜







2010.05.24 Monday | comments(0)



■ にんにくオイルの仕込み。 食べるラー油も自家製で。



万能調味料、にんにくオイルの仕込みです。
これは以前、タイで料理学校に通っていたときに
初めて教えていただいた手作り調味料です。
とっても思い出深いもの。

現地では蒸した春巻きにかけたり、スープに入れたり、
朝はこれと刻みしょうが(たぶん現地のカーというしょうがに似た野菜)を
かけたおかゆを毎日食べていました。
暑かったけど元気だったのはこのオイルのおかげだったと思います。



簡単に説明すると、
粗く刻んだにんにくを低温のオイルでじっくりあげるだけ。
揚げたにんにくより、香りのうつったオイルを大切に使います。
もちろんカリカリに揚がったにんにくチップもおいしいですよ。



にんにくはオイルからとりださずに、そのまま使うのがタイ風。
写真ではとりだしてますけど(笑)

最近「食べるラー油」が流行っていますが、
にんにくといっしょに刻んだたまねぎやしょうが、
とうがらしなどを一緒に揚げれば自家製食べるラー油ができます。
仕上げにさくらえびを加えて揚げるとうまみが増します。

野菜などと和えて食べたり、
炒め油の替わりに使ってもおいしいです。

焦がさないように、低温でじっくり揚げましょう。
火をとめても余熱がありますので、
まだ早いかなーくらいで火を止めたほうがいいですね。

このにんにくチップとオイルを利用しておひるごはん。
本当はパスタにしようと思ったけど、
汁ものが食べたくなったので、タイビーフン(汁ビーフン)に変更。



ゆでたビーフンにアツアツのスープをたっぷりかけた汁ビーフン。
クレソンとにんにくチップ、にんにくオイルをかけていただきま〜す。







2010.05.06 Thursday | comments(0)



■ お花見弁当

先日、お花見弁当のご注文をいただきました。

塩梅ならではのエスニック弁当をご提供させていただきました。

楽しんでいただけたかな〜?







2010.04.15 Thursday | comments(2)



<< 2/5 >>




Log in | design by murmur
qrcode